AGAかもしれないと思ったら、諦めずにそのままにしないで治療をすることをできるだけ早く考える様にしましょう。
Show MenuHide Menu

AGAの原因

2015年3月3日

AGAという脱毛症の原因は、男性ホルモンの影響による脱毛症だということがわかっています。

AGAは、還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結び付くことで変換する、ジヒドロテストロン(DHT)です。

このジヒドロテストロン(DHT)が、男性の髪の毛を脱毛させて薄毛の症状を引き起こし、そしてどんどんと進行させる原因物質です。

AGAの人の薄毛部分を見てみると、このジヒドロテストロン(DHT)が多く見られるそうです。

ジヒドロテストロン(DHT)によって、髪のヘアサイクルの中の成長期が短くなり、髪の毛が太くなったり長くなったり、十分に育たないうちに抜けてしまい、よって細く短い髪の毛が多くなってくるために、全体的に地肌が目立つようになります。

そして、AGAの原因には血流の悪さも関係しています。

髪の毛というのは、毛包という場所で作られるものなのですが、毛包というのは、その中に毛母細胞と毛乳頭からできている毛球があります。

毛母細胞は、毛細血管にながれる血液から運ばれてきた栄養や酸素を吸収して髪を健康に育てていくのですが、血流が悪いと、髪の成長に必要な栄養や酸素が十分に行き届かず、髪の成長を妨げたり、抜け毛に影響を与えてしまいます。

AGAは、頭皮周辺の男性ホルモンが変換するジヒドロテストロン(DHT)と血流の悪さなどが原因です。

ですから、これらの原因を改善することでAGAは治療をすることができます。