キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ハッピー結婚指輪特集

結婚指輪のオーダーはいつまで可能?

ハッピー結婚指輪特集

お気に入りの結婚指輪を見つけよう!どんなふうにオーダーするのか、どんなふうに探せばよいのか、ポイントをご紹介!

ハッピー結婚指輪特集のMAINimage

結婚指輪のオーダーはいつまで可能?

結婚指輪でお互いの意見がまとまらずにオーダーの時期がずれ込んだというケースはよくあります。

こんなときに“それでも間に合わせられる秘策”はあるのでしょうか。

■「お願いします」の一点張り?繁忙期はNG。

結婚指輪のオーダーといってもフルオーダーなのかセミオーダーかによって対応が変わってきます。

挙式が集中する時期は、店側としても“受け付けたくてもできない状況”にあります。

店が抱えるデザイナーや外注先はすでに総動員されているはずです。

そこで秘策とまではいきませんが、店側とよく話し合って妥協点を探しましょう。

「この程度のデザインであれば」、「ココを省略できるなら」というポイントを双方が見いだせるなら可能性は出てきます。

とはいえ結婚指輪のブランドは数多くあり、一つ一つ店側に相談するというのは効率的ではありません。

比較サイトの結婚指輪ランキングでオーダーの種類、デザインの傾向、予算から適したブランドの大まかな絞り込みが出来ますので、その中から幾つか選んでおくと良いでしょう。

■押し通すのは事故の元!路線変更がいちばん。

そもそも結婚指輪のオーダーは、フルオーダーなら“最低限3か月の余裕を”というのが常識です。

最初に仮オーダーをお願いしに行ったとき、そのように言われたはずです。

知り合いのつてを頼ってジュエリー職人を紹介してもらったり、結婚式後に再度やり直すことを前提に仮のデザインで挙式当日をやり過ごしたりといった秘策もありますが、これらは責任の所在が客側になるため、雑に扱われても文句は言えなくなります。

あとは店頭の結婚指輪(既製品)に路線変更しかありません。

■一生の記念になるのが結婚指輪。

トラブル発進になるくらいなら、フルオーダーは諦めたほうがスッキリします。

結婚指輪や婚約指輪は、小さなものですが一生の記念に残るものです。

後年「これもいい思い出」といえるならいいですが、最初からトラブル発進では縁起の悪いものです。

フルオーダーは諦めるのが最善策ではないでしょうか。

Google
www を検索 ハッピー結婚指輪特集を検索